最中は和菓子の中でも一番です

私が好きな和菓子と言ったら、やっぱり最中かなって思います。単に甘いだけじゃないかって言うことで避ける人も中にはいると思うのですが、私の中では完成されたお菓子と言ってもいいもので、平安時代の歌集がその名前の元になっているとも言われています。この最中は、もち米をこねて薄く延ばしたものを焼いて、それを最中の皮にして2枚の間のあんを挟んだものとなっています。このあんにはこしあんもあればつぶあんもあるんですが、私が一番好きなのはやっぱりこしあんですかね。つぶあんはちょっと歯にひっかかることもあるので、さらっと食べることができるこしあんが一番いいなって思います。ただ、個人的にとっても好きな最中ですが、あんまり1人でいるときに買うものではありませんね。ちょっとお客さんが来るというときのおもてなしに使うことが多いです。そのときにはお茶を一緒に出すのですが、やっぱり苦い緑茶を出すのが一番いいんですよね。甘みと苦味が一緒になって、更に味がよくなるんですよ。当然和菓子を食べる人だったら誰でも知っていることだと思いますが、ちょっとでも苦いお茶を選ぶのがポイントです。最中って最高ですが、お茶と加わると正に無敵になりますね。