受験生に生姜湯を飲ませるため「生姜湯 レシピ」を検索

昨日から、受験を控えた娘が咳込んでいるので、生姜湯を作ろうと思いました。インターネットで「生姜湯 レシピ」と検索すると沢山のレシピが出てきました。私が知っている作り方は、生姜をおろし、砂糖、はちみつを加えてお湯を注ぐだけの簡単な作り方でしたが、沢山のレシピが見つかりビックリしています。
基本的に使用するおろし生姜とお湯は変わらないのですが、甘みや香り、飲みやすくするための工夫がしてあります。私が見た限りでも、はちみつ、レモン汁、柚子、メープルシロップ、梅干し、黒蜜、ミルク、シナモンパウダーなど、興味を引くものばかりです。その中でも、面白そうなのは、おろし生姜と市販の黒飴(キャンディー)を入れてお湯を注ぐものと、天つゆを入れて全く違う味で生姜湯を楽しむというものでした。レシピを載せている皆さんは本当にさまざまな工夫を凝らしていて、頭が下がる思いです。早速、娘に色々とレシピを見せながら「どれが飲みたいか?」と聞いたところ、普通のはちみつとレモンがいいと言うのでそれを作って飲ませました。しばらくすると娘の咳も止まりだし、喉が楽になったと聞いて私も一安心です。
生姜湯は、昔から体を温めるためや喉が痛い時などに良いと言われ、多くの家庭で飲まれてきました。時代と共に色々な飲み方が増えている事が分かり、とても勉強になりました。